「コロナワクチンは大量破壊兵器であり、人類を一掃する可能性がある」
by 元ゲイツ財団のワクチン学者、イギリスの医学者、ベストセラー作家である ヴァーノン・コールマン博士
コロナワクチンは大量破壊兵器
抜粋:・・これがもたらす悲惨な結果としては、ワクチンを接種した数千万人から数億人の人たちの自然な免疫システムが、効果的に破壊されるということです。ワクチンを接種した人たちの免疫システムは、彼らの体内で発生するウイルスの変異と戦うことができなくなります。
そして、それらの変異したウイルスがその地域で広がる可能性があるのです。 これが、ワクチンが多くの人々に接種されている地域において、新しいウイルスの変異種が出現した理由だと思われます。
肝心なことは、ワクチンを接種することは、ウイルスに無限に危険となる機会を与えるということだということです。 ワクチン接種を受けたすべての人たちは、彼らの身体が致命的なウイルスを作る実験室になりつつあるため、「その人たち自身が、他の人たちを殺す大量殺戮者になる」可能性があるのです。