黙示録12章の[天の戦い]はすでに始まっているかも知れないという可能性について
ミカエルとその使いたちとの全面戦争に対処するために、サタン勢は、人間のことなどかまっていられない状況になるゆえに、「悪魔崇拝者たち」は自分たちの悪巧みがあと一歩で完成という間際で、阻害され、なぜサタンのバックアップが途切れたのかも分からず狼狽し、次第にそして急速にそれまでの悪巧みがことごとく失敗する羽目になる。

それは、言い換えれば、天での戦争中は、人類の理性や善意が優位になり、世界的に比較的平穏な一時期を経験することになるはずということです。
これは世界情勢として、近年特に顕著になり、今やだいぶはっきりしてきましたが、どうやらいよいよ本格的に大きな変化が起きようとしている感じです。

" 聖書は明らかに「天動説」を示していることを発見!
第7章 「円」と訳されるヘブライ語[フーグ]は太陽軌道であるという根拠

地の「円]などと訳されることにより、聖書は何千年も前から地が円形 もしくは球体であることを示していた。
というような解説がありますが、それは、地動説に影響された誤訳と言ってよいでしょう。この記事では、聖書は紛れもなく「天動説」、太陽の軌道について記していたという前代未聞の証拠を聖書から示しています。

142 永遠の滅びの刑罰を受けるとされる「神を知らない人々」に関する考察
ハルマゲドンで滅ぼされる寸前まですべての人には救われるチャンスが有るという聖書的根拠を示しています。