76 現代の「荒す憎むべき者は」未だ現れていないという根拠 

「現代の荒廃をもたらす嫌悪すべき者は未だ聖なる所に立っておらず、なお将来のことだ」という、ものみの塔の記事の内容は、それがまだ現れてもおらず「終わりの日」もはだ始まっていないことを意味するということを論じています。



 ■ PDFを全画面で開く ■
ページトップへ戻る

この記事に関連した 他の記事


Copyright(C) ヨベルの角笛 All Rights Reserved.