71 「漸進的導き」という名の教理進化論 第2部 黎明期の教理発展の調査

ものみの塔協会の教理が絶えず変わり続ける理由の説明として「神の導きは漸進的」であるからとされています。しかしその当初から一貫して人間のひらめきによる人間の勘違いの連続であった事を、ものみの塔出版物によって明らかにしています。



 ■ PDFを全画面で開く ■
ページトップへ戻る

この記事に関連した 他の記事


Copyright(C) ヨベルの角笛 All Rights Reserved.