70 「漸進的導き」という名の教理進化論 第1部 神の業の特徴

ものみの塔協会は、100年にも渡るこれまでの聖書解釈のほとんどが、間違いや欠陥のあるものだったことを認めた上で、その理由は「神の導きが漸進的」であるからとしています。しかし、そうした進化論的な手法は、神の業の特徴に反するものであり、それが未だに漸進的なのは、神の導きではなく単なる人間の理解に基づいたものでしかないことを証明しています。



 ■ PDFを全画面で開く ■
ページトップへ戻る

この記事に関連した 他の記事


Copyright(C) ヨベルの角笛 All Rights Reserved.
HTML Comment Box is loading comments...